高麗人参の原産地はどこ?

高麗人参は、中国や朝鮮半島が原産地といわれています。そういえば、高麗人参はまたの名を朝鮮人参ともいいますよね。

 

高麗という国は、昔朝鮮半島を支配していた国です。そのあたりの国境は昔と今では違いますから、中国と朝鮮半島を原産とするのが妥当なのでしょう。

 

高麗人参の特産地

 

高麗人参の中でも特産地とされているのが、開城(ケソン)市と呼ばれる地域です。北朝鮮の南方にあり、この地で育った高麗人参は高価で取引されています。

 

高麗人参が北朝鮮の財源ともなっているといわれ、他の物資は不足しきっているのに高麗人参だけは豊かにあると現地を訪れた人の感想が聞かれたりもします。

 

他にも、韓国の忠清南道錦山郡や仁川広域市江華郡、中国では白頭山などが、質の良い高麗人参を栽培しています。

 

実は日本でも栽培している地域があり、福島県会津地方、長野県東信地方、島根県松江市大根島などの高麗人参には人気すらあります。

 

成分が違えば効果も違うはずですが、価格にも大きな違いがあるため、コストパフォーマンスの整った高麗人参を手に入れたいですね。

 

人参ではない高麗人参

 

高麗人参の形は野菜の人参にも似ているため、同じ種類だと思っている人もいるかもしれません。しかし、高麗人参はウコギ科の多年草で、その根が高麗人参です。

 

因みに野菜の人参はセリ科、栄養成分は全く異なるので同様の期待を寄せても空しいのです。高麗人参は加工法によっても効果が違ってくるので、高価な高麗人参は成分を最大限に引き出された加工法が用いられていると考えられます。