高麗人参とは

高麗人参とは

 

 

 

高麗人参は、その名の通り韓国を原産とする植物です。非常に薬効性が高いとされ、昔は貴族や王など位の高い人しか口に出来ないとされていたといいます。また韓国政府が国外に持ち出すのを禁止していた時代もあり、日本でもその存在が貴重なものとしてイメージを持たれています。

 

栽培が困難な高麗人参

 

品質の良い高麗人参を育てるには、水はけよく寒暖差の少ない土地が必要だといいます。日本国内でも栽培されている土地はあるのですが、やはり最高品種とされる高麗人参は韓国の特定の地域で育てられたもののようです。

 

高麗人参を購入する時には、どこで栽培されたものなのかを見極めておくようにしましょう。また韓国政府お墨付きのブランドが存在し、それは多くが数年間の時をかけて育てられたものだとされています。

 

収穫するまでの年限

 

そもそも高麗人参は、収穫するまでの年限が数年かかります。特に最高級とされているのは6年根と呼ばれる人参です。4〜5年根でも相当の品質がありそうですが、あと1年収穫時期を待っただけの6年根ははるかに値が上がるそうです。というのも高麗人参は6年根になる前にダメになってしまうものが多いのです。

 

ダメにしてしまうくらいなら、4〜5年根で収穫したほうが効率がいいかもしれませんね。そのようなわけで6年根の高麗人参は、非常に価値が高いものとされているのです。

 

土壌作りに数年、種をまいてから収穫までに数年、収穫してからは10〜20年単位で畑を休ませる必要もある高麗人参は、大地の栄養をすっかり吸い取るほど栄養豊富です。だからこそ価値のある高麗人参なので、せっかく購入するなら良いものを選びたいですね。