高麗人参は赤血球の生成に良い?

いわゆる貧血は、赤血球が不足した状態のことを指します。血液は赤血球や白血球、血小板などから成り立っており、一般的に血液を指すのが赤血球です。

 

赤血球が不足すると、貧血だけでなく疲労しやすい、動悸がするなどの諸症状が現れやすくなります。ここでは、高麗人参と赤血球の生成との関係についてお話しましょう。

 

赤血球の生成

 

赤血球は3〜4ヶ月をターンとして骨髄で生成されています。どんなに鉄分をとっても貧血が解消されないという場合は、骨髄の働きが弱っているのかもしれません。

 

もちろん貧血の原因には鉄分不足以外にもいろいろあるのですが、一般的には鉄分を補給すると貧血が解消される場合が多いものです。

 

骨髄に働きかけて、ヘモグロビンがたっぷり備わった赤血球を作ってくれるのが高麗人参の働きです。赤血球そのものの成分になるわけではありませんが、骨髄の働きをよくするために刺激を与えてくれるので、継続して高麗人参を用いればよい結果を得られることが多いのです。

 

血小板や白血球も増加

 

臨床試験では、高麗人参が血小板や白血球にも良い影響をおよぼすという報告がされています。体に侵入しようとする異物をやっつける働きを持つ白血球、止血の役割を果たす血小板と、いずれも赤血球に劣らず重要な成分。血液を正常にする3つの成分を増加してくれる高麗人参が万能といわれるのも、不思議ではありません。