高麗人参でストレス退散

高麗人参には、ストレスを緩和させてくれる力があるといいます。

 

なぜストレスに、高麗人参が影響するのでしょうか。それは、副腎皮質ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌に深い関係があるのです。

 

副腎皮質ホルモンの分泌をコントロール

 

人間は、ストレスとは切っても切り離せない関係にあるといいます。というのも、ほんの少しの緊張でもストレスが発生し、またある程度のストレスという刺激は身体に必要だからです。

 

とはいっても、現代人に浴びせられるストレスは並大抵のものではありません。あらゆるところでストレスが発生し、過剰にたまってしまう可能性が高いのです。

 

すると、身体は副腎から皮質ホルモンをたくさん分泌するようになります。この状態が続くと、不安が増し、意欲が低下したり、うつになったり、緊張や不眠が続き、イライラしたりすることが多くなるのです。

 

高齢人参には副腎皮質ホルモンの分泌を促進する作用があるといわれているのですが、これは適度な量を分泌する作用と解釈すればよいのではないでしょうか。

 

ホルモンが過剰に分泌されるばかりでは、心身に良い影響がありません。しかし分泌の調整がなされることで、ストレスを緩和させることができそうです。

 

精神安定の作用

 

ストレスにもいろいろな種類があり、発生するシーンも多岐に渡ります。仕事、人間関係、生活習慣の乱れなどによってもストレスは発生しますが、更年期を迎えた男女もストレスを抱えることがあります。

 

そのようなときでも、高麗人参の精神沈静作用が役に立ちます。更年期の症状を抑えるには医薬品での治療も可能になってきていますが、できるだけ自然な食品で緩和したいという場合には高麗人参の利用を検討してみてはいかがでしょうか。