高麗人参のとり方

焼肉屋さんに行くと、チューインガムをくれるお店がありますね。韓国系の焼肉屋さんでは、高麗人参を配合したガムをくれるお店もあります。

 

そのくらい、韓国では高麗人参がポピュラーな存在で高い地位を持っています。でも、日本では高麗人参をポリポリかじるような人はあまりいません。

 

手軽に手に入れられるものではなく、高麗人参のサプリメントなどでの摂取が一般的だからです。そんな高麗人参のとり方は、どのような点に注意すれば効率がよいのでしょうか。

 

種類の違いに注意

 

高麗人参には、加工の仕方が4種類あり、それぞれに効果が違ってきます。白参、紅参、水参などがその種類で、体質によっては摂取してはいけない高麗人参もあります。

 

高麗人参のメーカーによっても、採用している加工法が違います。求める作用などによって、選び分けているのでしょう。

 

継続しての利用

 

サプリメント、ドリンク、酒、漢方薬など、様々なスタイルに加工されている高麗人参は、薬のように厳密な摂取量は決められていません。

 

メーカーごとに推奨している一日の摂取目安量があるはずですから、それに合わせてとるとよいでしょう。製造しているメーカーが推奨している量ですから、効果的に栄養を摂取できる量だと推測できます。

 

大切なのは、高麗人参を一度とったくらいで何も変わらないとあきらめてしまわないことです。利用してみて体調が悪くなったなら問題ですが、何も変わらないと思うのはじわじわと体に影響している可能性があります。

 

食品に含まれる栄養をとっても、すぐに何かが変わった!と思うことはまれでしょう。それと同じように、高麗人参も一定期間継続して利用することで様子を見てみることが大切なのです。