ワーファリンと高麗人参の関係

ワーファリンと高麗人参の関係

 

 

高血圧の人などが使用する薬にワーファリンという抗血液凝固剤があります。血液が固まって血栓が出来てしまうのを防止する薬で、使用には少々難しい点があると言います。当然のことながら、医師から処方された時に注意がありますが、うっかり間違った使用法をして副作用を起こしてしまわないように気をつけたいものです。ここではワーファリンと高麗人参の関係についてお話しましょう。

 

ワーファリンの副作用

 

ワーファリンには誤って用いると出血に関する副作用などが出てしまう可能性があります。例えば1回飲むのを忘れたので次に2回分飲んだ、一日分をまとめて飲んだなど副作用が出る時には、だいたい間違った用法や用量でワーファリンを服用しているケースが多いのです。

 

具体的な副作用としては、鼻血や傷口からの出血、血便や血尿、血痰など出血関係の内容が多いです。本来は血液を凝固させる作用が体で働くのですが、ワーファリンはその逆の働きをするので血が固まらずに流れ出てしまうという問題が発生するのです。

 

ワーファリンと高麗人参の組み合わせ

 

せっかく血液が固まらないようにする薬を服用しているのに、ある成分を一緒に摂るとその効果が薄れてしまいます。ワーファリンの場合はビタミンKが阻害しあう成分です。ビタミンKを多く含む食品の代表格には納豆がありますが、これとは別に高麗人参にはワーファリンの働きを弱くすると実感している人もいます。

 

明解な根拠はありませんが、実際に効果が弱まったとする人もいるのですから、用心してかかりつけの医師にワーファリンと高麗人参の併用は可能かどうか確認しておいた方がいいでしょう。